ディスクドッグゲーム2017・皐月 
当倶楽部のディスクドッグゲームはアドバイス、コメントが付き、練習にもってこいです。 
5月14日(日)淀川河川公園 枚方地区 ※赤字アンダーラインは2017.1.7に変更    
募集カテゴリー  ディスタンス団体戦、ディスタンス個人戦、フリースタイル
募集チーム数  概ね30チーム
募集期間  随時、定員になり次第締め切り、先着順です
参加費 1チーム当り1.000円(中学生以下500円)当日受付でお支払いください
※1ラウンドだけ参加の場合は500円となります。
※家族割制度適用・1家族での参加費はエントリ―数にかかわらず上限を5.000円にします。
※ディスタンス個人戦に限り同一チームで2エントリー可能です。(ただし、すべての競技で犬の重複は3エントリーまでとします)
申し込み  EメールまたはFAXでお申し込ください。
「狂犬病予防注射済票番号」を明記してお申し込みください。
当日参加の場合も必ず、「狂犬病予防注射済票番号」が必要です。
必ずお申し込みの際に明記ください。
FAX 075-971-1897
Eメール kenken@aiu.sakura.ne.jp

Eメール、コピー&ペースト用文書
Excelファイル添付用
FAX用紙
受付09:00ごろ 競技開始10:00ごろ 昼休み12:00~13:00 終了15:30
競技の順番 1 ディスタンス個人戦1R60秒
2 ディスタンス団体戦1R60秒
3 フリースタイル1R(フリー演技概ね3分以下)
4 ディスタンス個人戦2R60秒
5 ディスタンス団体戦2R90秒
6 フリースタイル2R(フリー演技概ね3分以下)
※表彰 各ラウンドのどちらかポイントの高い方の上位3チーム

※参加者が多い場合フリースタイルが1Rのみとなる場合があります。
雨天時の中止 前日の「気象協会」発表の現地の天気予報で、降水確率が概ね60%以上または強風予想の場合中止になることがあります。
中止の場合ホームページに掲載します。(夜遅くに掲載する場合があります)
また、進行時に雨によりフィールドの保持が難しくなった場合も中止になることがあります。
 注意事項 火気厳禁・カセットガス器具、発電機等火気の持ち込み使用が禁止されています。
犬の朝の食事は与えないでご参加ください。詳しくはこちら。☚
上記の件、ご協力よろしくお願いします。。
 イベント保険について 参加費の低減と参加人数の関係により、傷害等に係るイベント保険に加入しておりませんので、
傷害等については各自の自己責任で対応お願いします。
 地図はこちらから 
会場詳細  


今回の会場は枚方大橋下流側になります。駐車場と隣接していませんが比較的近いです。
 競技規定 共通事項 競技順は抽選で1Rと2R同じです。
競技の方向は自由に選択できます。
特に明記していないことは一般常識またはその都度の判断になります。
 ディスタンス規定 スロワー5人以下、犬3頭以下でチームを構成し、そのチーム単位で競技します。(団体戦)
スロワー一人、犬1頭で1チームとします(個人戦)
チーム構成員全員がコートに入ることが出来ます。(団体戦)
犬2頭が同時に走る事が出来ます。(団体戦)
アイテム(フライングディスク並びにボールなど危険でない物)は一つしかスロー出来ません。(団体戦)
アイテムは犬用フライングディスクのみの使用で転がすことはできません(個人戦)
アイテムは自由に交換することができます。(団体戦及び個人戦)
スロワー及び犬は時間内並びにスローイングエリア内で自由に入れ替わることが出来ます。(団体戦)
ディスタンスファール(共通) エリアを越えてスローしてはいけません。
一度スローしたアイテムは必ずスローイングエリアおよび0ポイントエリア内に戻さないと,
次のスロー並びにアイテムの交換は出来ません。
計測前にスローしてはいけません。
いわゆるドッグファールは存在しません、犬はコートに入ってから自由な行動を認められます。
ただしコート外への脱走は失格になります。
ファールは基本自主申告にて審査対象とします。
フリースタイル規定 1Rと2R共にフリー演技になります。
ポイントは成功性、ディフィカルティ、コンビネーション、プレゼンテーション、オリジナリティーの5項目で、それぞれが10ポイント合計50ポイントが満点になります。
競技時間は概ね2分から3分以内です。
タイムアナウンスはありませんので明確に演技を終了してください。
アイテム(ボール可)の数に規定はありません。
ディスタンス ポイント ポイントは下記ポイント表に従いキャッチが認められた時に付与されるエリアポイントと主観ポイントの合計になります。
小型犬種については0ポイントを省くすべてにプラス1pのハンディキャップがあります。
アイテムを故意に転がした場合、そのアイテムが動いている状態でのキャッチは通常ポイントとなり、止まった状態でのすくいあげはすべてのエリアで1ポイントとします。(団体戦)
主観点は技術点、コンビネーション点、安全点のそれぞれが3・2・1の3段階で満点は9点です。
※計測終了コールの後、概ね3秒以内のスローは有効とします。
 ポイントエリア図