ディスクドッグゲーム2016 まぁまぁ年末 2016.12.18(SUN) 淀川河川公園・枚方地区

いいコンディションでした。
日差しがあって暖かい、風もころあい。
先週の木曽三川と比べたら月とすっぽん。
アウトドアですから気象の影響を受けるのは覚悟の上ですが、
この差は如何ともしがたいですね。
だってほら、やっぱり「楽しめてる感」が違いますから。

本年度最終のゲームになりましたが、新しい発見が2つありました。
一つ目は・・・・最初に言っておきますがたいした発見ではありません、
はっきり言ってどうでもいいことです。

え~っと、一つ目は、
受付時に参加賞として飴ちゃん(関西で飴玉のことを飴ちゃんと言う)を配ってましたが、
気候の関係でそれがチョコレートになりました。
個別包装されたやつをお菓子ケースに入れて自由に取っていってもらいます。
「1エントリー一個ですか?」と女子の参加者さん。
「大丈夫ですよ、好きなだけどうぞ」と塚崎さん。
だってそんなケチ臭いこと言えませんよ、何も出ない大会ですからせめてこれぐらいは。
それに相当数用意してますし、こんなことで喜んでいただけたら本望ですよ。
そしたら一瞬でなくなった。
全員の受付が終わってないのに。
飴ちゃんの時はほとんど残っていたのに。
しまった、大半が「大阪のおばちゃん」であることをすっかり忘れていた。

もう一つは、まぁこの季節、寒いと言えば寒いですから、
ニット帽が主流なんですが、選ぶ色が地味です。
地味なのはニット帽だけでなく、上下も地味。
いいですよ、間違っていません、冬なんですから。
けど、全員にその格好されると、
はっきり言って誰が誰だかわかんなくなりました。
しかもだいたいが黒縁メガネでしょ、
エントリーを紹介するのも最終的には「あんた誰?」と聞く羽目に。
ニット帽に黒縁メガネ、地味な服装で完璧に「大阪のおっちゃん」化することがわかりました。

こんなことを書くと普通なら、誹謗中傷だハラスメントだ、揶揄してる、バカにして、
なんて言われるんだろうけど、
「そんなん常識やん」って笑って言うでしょう、きっと。
そこが大阪人の良いところです。

地域性ですか・・・「あると思います」。

たくさんご参加いただきありがとうございました。
皆さんに盛り上げていただいて感謝しています。
時間の都合で団体戦のセカンドラウンドの短縮、
フリースタイルが1ラウンドのみになったことにお詫び申し上げます。

リザルト(PDF)