犬の散歩マナー教室 2016.05.07 淀川河川公園・枚方地区

淀川河川公園事務所主催の犬の散歩マナー教室です。今回で3回目になりす。
放置ウンチやリードを外しての散歩(ノーリード)などの問題が多く、
その対策の一つとしてマナー教室を実施しました。
しつけ教室はたくさん行われていますが、犬の散歩マナー教室は全国初の試みではないでしょうか、
と自負していますが、そうだと思う。
ただ、矛盾しているのが、こういったことに参加される方はマナーがいいんですね。
マナーが悪い人は自分でマナーが悪いとは思っていないので、
こんなものには参加しないどころか、目にも入ってこないでしょう。
結局、犬のお散歩マナー問題はもともとマナーの悪い人が犬を飼った時に起こっている問題で、
愛犬家の問題ではないように思います。
つまり、たばこのポイ捨てや歩きスマホをする人が犬を飼うと、
ウンチをポイ捨てするし歩きにくいのでリードを外す、になっているのではと思います。
じゃあ、この教室やる意義がある?となるのですが、
充実したドッグライフのためのお散歩マナーをみんなで勉強、ってポリシーでやるので、
学んで帰られた方はきっと、マナーの悪い人が憧れを抱くような、
素晴らしいお散歩をしてくれると思います。
そう言った人が増えると、きっともっと犬が住みやすい環境を育てられるのではないでしょうか。
と考えますが、あまいですかね。
   
 いつものようにコートをしっかり張って行います。
リードつけるのに何で?って・・・最後に放して遊ぶんです。
 熊本地震をうけて犬を連れての避難の話をしました。
テント、ケージ、カートの三種の神器です。
ドッグスポーツで大会遠征や犬連れキャンプに行っている人は全体から見ると少数ですね。
   
 50分ぐらい講義をします。長っ!いつもの悪い癖です。
後ろは急きょNHKの取材でした。
それにしてもこの格好、
取材があるならもう少しまともな服を着てきたのに・・・
まだ見れるかhttp://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20160507/4750161.html
 講義のあとは実際に散歩に出ます。
この時点でみんなが普通に歩けているので、本日参加された方のマナーがいい事がわかります。
   
 途中、チクチク草(メリケントキン草)が生えていたので、解説しました。マナーも大切ですが安全に楽しく散歩できることも大切です。  なぜかシバワンが多かった。それにみんな温厚でした。
   
 知らないもの同士ですが、仲良し仲良し。  きれいにお手入れされたポメちゃん。
左の黒い方は実はプードル×ポメだそうな。
   
 仲良しに見えますか?実は一触即発でした。
でも二人とも大人だったので最後まで仲良しを演じ切りました。お見事。
 教室が終わったら、となりの臨時ドッグランで遊んで帰ります。
   
 やっぱりな、すかさずスカウト。できるでこの子。  知らん間に・・・だれや君?
   陣中見舞いに来てくれた、ケイとアイリス。
と思っていたら他にもたくさん。
レインにブルー、レオりん、知らん子、
みんなありがとう。
しかし、みんなあつまって何してんねん。